staff - blog post

ファンを続けるか、ファンを辞めるか、それが問題だ…。

Posted by MAEDA on

自転車用ナビゲーション「CycleNav」がほしい

こんにちは!マエダです。

時間があると、たまに海外の広告事例のまとめサイトを見て楽しんでいます。
今回はそんな中で見つけた、バーガーキング・ノルウェーのユニークなFacebookキャンペーンを紹介します。 (少し前の事例なので、もうご存じの方もいるかもしれませんが…。)

あなたはファン?それとも裏切り者?バーガーキングのユニークなFBキャンペーン

キャンペーン「ワッパーの裏切り者」

もともと約38000人のファンを集めていたバーガーキング・ノルウェーのFacebook(以下、FB)ページ。 しかし、その中には、過去のキャンペーンで無料ハンバーガーをもらうためだけに「いいね!」した輩も相当数混ざっていました。
ロイヤリティの高いファンだけを集めたいと考えたバーガーキングは、新たにFBページを立ち上げると同時に「Whopper Sellout(ワッパーの裏切り者)」なるWebキャンペーンを打ちました。
(ちなみに、Whopperはバーガーキングの看板商品。直火で焼いたハンバーグが香ばしい、激旨ハンバーガーです!)

裏切り者にはビッグマックを

キャンペーンサイトはとてもシンプルで、自分がバーガーキングの「本当のファン」か「裏切り者」かを選ぶボタンが2つ並んでいるだけ。 そう。これは、それまでファンを自称していたユーザーに改めてファンかどうかを問う、踏み絵のようなキャンペーンなのです。

「ファン」のボタンを選ぶと、そのまま新たに立ち上げたFBページに登録されるだけですが、「裏切り者」を選んだときがユニークです。
「裏切り者」を選んだ人には、バーガーキングがビッグマックをプレゼントすると言うのです。 もう一度言います。バーガーキングが、「マクドナルドの」ビッグマックをプレゼントするのです。 ただし、バーガーキングのFBページから永久に追放されることとの引き換えに…。
(後日、ご丁寧にも、お別れの手紙とともにビッグマックの引換券が郵送されてくる。)

なるほど、これなら「いいね!」した人が本当にバーガーキングを好きなのかどうか、一目瞭然ですね。シンプルだけど、ロイヤリティの高いファンだけを集めるという目的をかなえる、強いアイデアだと思います。

キャンペーンの結果…

このキャンペーンの結果、30000人の裏切り者が追放され、最終的に8500人弱のファンが残りました。 そして、ファンとのエンゲージメントレベル(絆の強さみたいなもの?)は、以前の5倍にまで上がったとのこと。(コレどうやって測るんだろう…)

ちなみに、さきほどバーガーキング・ノルウェーのFBページを見てみたところ、10600人までファンが増えていました。

曖昧な「いいね!」の意味が明確に

Facebookの「いいね!」って、その「いいね!」の意味合いが、人によって微妙に異なる曖昧なものだと思いますが、このキャンペーンでは、「いいね!」が「本当のファンだよ!」という意味であることを明確にできているところが、いいね!と思います。 例えば新たなキャンペーンを打つのにも、集まったファン層に、より適したものを提供できそうですしね。

それにしても、このブログを書いていたら、無性にWhopperが食べたくなってきました。
久しぶりに、バーガーキング行こうかな…。(名古屋には1店舗しかないのでもっと増えて欲しい!)

また面白いものがあれば、紹介しますね!
では、また。

参照サイト

CreativeCriminals

Let's talk!
PageTop

Copyright © GRANFAIRS inc. All Rights Reserved.